2017年8月近況 メインPCはThinkPadへ。

いろいろ試行錯誤したけど、ブログよりプログラミング、ということで、開発用環境を構築中。

 

現状

メインPC:デスクトップ用途

PC: Lenovo ThinkPad X1 GEN1  

RAM: 4GiB

SSD: 128GiB

OS: Arch Linux系のManjaro 2017.7

 

開発環境用のサーバー:

PC: Lenovo ThinkPad  e550

RAM :16GiB

HDD :500GiB

OS: CentOS 7.3

 

予備機

NEC versorPro

東芝 R734

 

結局メインは、ThinkPadLinux になりました。

キーボードとタッチパッドが良すぎて、他のメーカーのは使いたくなくなった。

一時期、タブレット系を使ってたけど、長文打つならやはりキーボードのほうが楽。

iphoneは、電話とメール、LINE、持ち歩きメモ、iPadは、カラーのキンドル代わり。

広告増えすぎのFBは、放置。

 

次にThinkPad買うなら、LTE対応の新品にしたいw

X270の新品でもi3なら10万円切ってる。LTE追加で18000円+。

しかし、x270は、12インチ画面。解像度上がり過ぎたら、文字が読み取れないかも?と不安になる超高解像度。

x1の14インチ画面も捨てがたいので、画面とキーボードを実機を見てから買う。今のPCが使用不能になったらwww

 

OSは、Win7(32)とか、win8.1(64)とか試したけど、更新のたびに勝手にアプリやらなんやら使わない機能がつかされるのがいやで、やめた。

メモリ16GIB積んでいるマシンに、Win7の32bitはインストールできても、使われるメモリは、3/16GiBという残念さ。

2度試したけど、win8.1の64bitOSのリカバリインストールができず、断念し、CentOSにしたら、Win8.1よりぜんぜん好みなUI。Ruby用環境に決定。

linux系は、既存アプリの自動更新はされても、追加はされないからOK

 

Ubuntu は、中古ThinkPadには重い、遅いで、軽量Linuxへ変えたら、同じマシンなのに軽い、速い、楽しい。

 

同じThinkPadブランドでも e550とX1は、ビジネス用普及機?と薄型高性能モバイルの位置づけで、使い心地は、x1のほうが上。

x1は、薄型筐体なので外部インターフェイスが少なくて、本体だけでいろいろ接続できるx270とかのほうが、便利かも。

 

 ちなみに、個人的に調べては見たけど、ぼつになったものたち

金融系と広告と買い物が嫌い、とやーっと自覚しました。