EXCELに不満があるときは、テキスト加工に戻るのか?

会社の社内システムからコピペしたテキストデータを集計して、さっとグラフでチェックしたいだけなのに、

なんでこんなにEXCELは、めんどくさいの? と今日、半日試行錯誤。

会社の業務用パソコンが、シンクライアントになる前は、FileMakerでさっと加工してた。

会社用シンクライアントで、使える道具の範囲でデータを加工するしかない。

となると、テキスト、CSVの集計、となるとPerlかな。。。。

 

下記の参考にした記事、10年前の日付ですね。

そもそもPerlが大量のテキストデータを処理するためのものなので、原点回帰なのか?

いやうちの社内システムが見た目変わっても、中身のデータ構造は、

前世紀からまったく変えてませんね。

odezine.jp

 

 

他の人にも使ってもらうためには、会社シンクライアントへ、SW追加なし、の方が無難なので、

使えるツールは、以下の3つ。

  • sakura editor ..........EXCELコピペからデータ整形、CSV
  • PowerShell   ..........CSVデータの集計
  • EXCEL2013 ..........CSVデータのグラフ表示

 

結局、UNIXの思想として、データはテキストで保存し、使いたいように、コマンドで加工する考えは今でも通用するのね。

 

会社用のシンクライアントにもインストール済みのPowerShellを使う例。

izana1018.hateblo.jp

 

 

kan3aa.hatenablog.com

 

qiita.com

 

ビックデータだのAIだのロボットだの、言う前に、すっと分析ができるようなデータ書式と

データの提供の仕方が残念ー>要再加工

があるから、無駄に残業が発生しているんでは疑惑、増大。

大量データやファイルをさばくのに、GUIでマウスベースのEXCEL、WORDは繰り返し効率悪いよね?

マクロ機能あっても、複雑な関数やファイル比較、計算式検証ツールがあっても、存在自体を知らない、楽をしようと思わないからメニューやヘルプを調べもしない? から、長時間労働になっているのでは???

 

チームリーダーが一番の長時間労働になっているのは、チーム員が持ってきたデータの集約に、手間かかっているためでは???

電子メールならいちいち中身を開封して、添付ファイル見るけど、LINEやチャットなら、一覧しやすいので速いのでは?

 

本気で労働時間減らすなら、EXCELファイルの書式送付して、取りまとめて、という作業を禁止するのがいいのでは?

これからは、

  •  データベースへ直接、入力しろ!
  •  誰がいつ、どこに記入したか、削除したか、ログ取得も必須条件で。
  •  ログを見て、効率化できるところを探す

ですよ。

 となると保守費高騰の某DBではなく、オープンソース系のDBか?

 

と、だらだらと書きながら考えてみたが、これを皆がやってるから長時間労働になる、という構造。

 HWもSWも、やり方も、古き悪さを固定し、新しいやり方は試すことすら許容しないのに、

 年間労働時間1890時間に抑えろ、

なんて何を寝言を言ってるの、ってことだな。

今年度は、残り9ヶ月か〜。

最低限のツールで「見える化」するツールは作るけどね〜。

 

長時間労働者は、長時間働くことが存在意義になってない?

うちに早く帰ってもすることないし?

だからその意義を破壊するような「黒船」には、抵抗するよね?

その人と直接対決はせず、そっと後回しにして、外堀から埋める、だな。