Kail Linuxのセットアップ

virtual Box で2017年1月公開のkali Linux インストール。

USB2.0のドライバが足りないと、怒られる。 

'Oracle VM VirtualBox Extension Pack' を追加インストールして解決。

 

Failed to open a session for the virtual machine Kali-Linux-2017.1-vbox-amd64.

 

Implementation of the USB 2.0 controller not found!

Because the USB 2.0 controller state is part of the saved VM state, the VM cannot be started. To fix this problem, either install the 'Oracle VM VirtualBox Extension Pack' or disable USB 2.0 support in the VM settings.

Note! This error could also mean that an incompatible version of the 'Oracle VM VirtualBox Extension Pack' is installed (VERR_NOT_FOUND).

Result Code: NS_ERROR_FAILURE (0x80004005)
Component: ConsoleWrap
Interface: IConsole {872da645-4a9b-1727-bee2-5585105b9eed}

 

 次にvirtual Box にwindows7仮想マシンを起動しようとしたら、インストールメディアとライセンスが必要らしい。当然といえば当然か。。。。。

  あ〜うちで余っているwin7ライセンスあったかな? win10は使っているし。

 

日本語化せず、サンプルプログラムを打ち込み始めると、記号の入力がほぼ全滅、とても効率悪いので日本語キーボード配列は必要。本に書いてある通りではできなかったので、ググると2017.1対応を発見。

 

https://doruby.jp/users/r357_on_rails/entries/KaliLinux